【エロアニメ感想】戦乙女ヴァルキリー2 第三話 「恥じらいの性懺悔」

08月23,2020 更新
レイアを中出しレイプ&母乳絞り


 18禁ゲームで大人気シリーズ「戦乙女ヴァルキリー」のアニメ版、「戦乙女ヴァルキリー2」の第3話のレビュー&感想です。



 天界側の登場人物は金髪の戦乙女・レイア、最強の戦乙女・アリーヤ、大神オーディンの一人娘・ヒルデガードです。主人公は人間と魔族のハーフのデュークです。

 また凌辱役として元々戦乙女だったフレイアとスクルド、魔族側のフェンリル、ロキも登場します。



 「戦乙女ヴァルキリー あなたに全てを捧げます」、「戦乙女ヴァルキリーG」「戦乙女ヴァルキリー2」の第1話~第2話も別記事で紹介しています。

<戦乙女ヴァルキリー あなたに全てを捧げます>
第1話↓
【エロアニメ感想】戦乙女ヴァルキリー あなたに全てを捧げます 第一夜 「女神捕獲」

第2話↓
【エロアニメ感想】戦乙女ヴァルキリー あなたに全てを捧げます 第二夜 「女神隷属」


<戦乙女ヴァルキリー2>
第1話↓
【エロアニメ感想】戦乙女ヴァルキリー2 第一話 「堕天の女神達」

第2話↓
【エロアニメ感想】戦乙女ヴァルキリー2 第二話 「裏切りの雌奴隷」


<戦乙女ヴァルキリーG>
第1話↓
【エロアニメ感想】戦乙女ヴァルキリーG 第一話 籠絡

第2話↓
【エロアニメ感想】戦乙女ヴァルキリーG 第二話 貪淫


 第2話ではヒルデガード、アリーヤ、レイアが散々中出し、触手プレイ、集団レイプされた上にアリーヤとレイアは魔族に妊娠までさせられました。

 第3話でも引き続きハードな凌辱、調教、輪姦され続けます。


エロアニメ動画「戦乙女ヴァルキリー2 第三話 「恥じらいの性懺悔」」のレビュー


 冒頭からヒルデガード、アリーヤ、レイアがオークの集団と大乱交状態で集団レイプされます。

 3人とも両手を拘束された状態でバックから犯されながら口内にも肉棒を咥えさせられて全身精液まみれにされます。

 アリーヤとレイアは第2話の後半から魔族の子を孕まさられており、ボテ腹の状態で激しい強姦をされ続けて容赦なく中出しされます。

ヒルデガードに浣腸

ヒルデガードに巨大浣腸プレイ


 場面が変わってヒルデガードのアナル調教シーンです。ヒルデガードはベッドの上でお尻を突き出した態勢で拘束され、既に浣腸を何発も食らって我慢の限界が近い状態なのにスクルドから追い打ちの浣腸を受けます。

 コント番組ばりのバカデカい浣腸をヒルデガードのアナルに挿入して注入していきます。更に浣腸されながらフレイアのふたなりチンポを手コキ&フェラチオを命じられ、喉奥まで咥え込んで奉仕します。

 するとフェンリルまで現れて凌辱に参加し、膣内に巨大バイブを出し入れされます。

 浣腸が漏れないように我慢しながら秘部と口内を犯されて絶頂寸前のヒルデガード、そのままフレイアに大量顔射されてザーメンまみれにされます。肉壺はずっとバイブでかき回されて遂にヒルデガードのアナルが決壊、噴水のように浣腸を噴出します。

レイアを触手レイプ

レイアの公開オナニー&触手で3本挿しレイプ


 レイアは民衆の前で鎧を脱がされて全裸になり、公衆の面前でオナニーさせられます。大股を開かされて自ら秘所を弄りながら乳房を揉みしだくレイア、ひとしきり自慰行為が盛り上がったところで次は触手に拘束されます。

 触手に緊縛された状態で触手が何本もレイアの膣内に挿入されてかき回される様を民衆にガン見されてレイアも欲情してしまい、愛液が噴出してきます。

 更にアナルにも触手が複数ねじ込まれ、口内も触手でかき乱されて3本挿し状態で凌辱されます。

 最後は3つの穴に同時にたっぷり射精され、残りの触手からもレイアの全身にザーメンをぶっかけられて白濁液まみれになります。

アリーヤを輪姦レイプ

アリーヤを電気責め&オーク集団の輪姦レイプ


 次にアリーヤの凌辱と調教シーンです。デュークの目の前で乳首丸出しの半裸のまま、両手を緊縛された状態でオーク達に鞭打ちでSMプレイされます。

 ひとしきり鞭でアリーヤを虐めた後も引き続きSMプレイで、手足に繋がれた鎖から電流を流されます。更に逆さ吊りにされた状態でまた電気責めされて派手に失禁し、自分の体中が尿まみれになります。

 そこから大量のオークをけしかけられて、デュークから全員分のチンポから精液を絞りとるように命じられます。マンコと口唇とアナルには常にペニスが挿入され、アリーヤの全身はあっという間に精液まみれにされます。

アリーヤを中出しレイプ

アリーヤを延々と輪姦&中出しレイプ


 オークに輪姦され続けて白濁液まみれのアリーヤをデュークが自ら犯します。オークの肉棒より更にデカいチンポで膣奥まで突き入れられ、その間もオークに菊門は犯され続けます。

 オークに集団レイプされている時から既に2つの肉壺を同時に犯され続けてすっかり敏感になっているアリーヤは淫らな喘ぎ声をあげます。

 子宮口までかき回されてよがり狂うアリーヤにそのまま種付けされ、他のオークもアリーヤの全身に大量のザーメンをぶっかけます。



 そんなこんなで凌辱と調教され続けて1年後、相変わらずアリーヤ達はレイプされ続けていますが、今度はセックスの相手が人間に変わっています。

 人間の男達が順番待ちしてオークに料金を支払って戦乙女たちを強姦できるという公開風俗のようなシステムで、デューク側にいたフレイア、スクルド、フェンリル、ロキも交えて全員輪姦されます。

感想&まとめ


 第3話はここまでの戦乙女の凌辱の総まとめのような回で、ヒルデガード、レイア、アリーヤが快楽堕ちして性奴隷になるまでの凌辱と調教の様子が描かれます。

・ヒルデガード、レイア、アリーヤをオークが集団レイプ(約2分半)
・ヒルデガードに巨大浣腸&強制フェラとバイブ責め(約6分)
・レイアの公開オナニー(2分半)
・レイアを触手で3本挿しして大量射精(約4分)
・アリーヤに鞭打ち&電流責め(約3分)
・アリーヤをオークが集団レイプ&デュークが種付け(約3分)
・戦乙女たちの大乱交(約1分半)
(アニメ全体:約27分半)


 凌辱の内容は浣腸、バイブ責め、触手、集団レイプなど多岐にわたります。

 女騎士、浣腸、アナル、オナニー、触手、SM、電流、集団、輪姦などの属性が好きな方にお勧めです。

※DUGAでは本作品を扱っていないため、FANZA(旧DMM)の商品ページを紹介します。
(クリックすると FANZA(旧DMM) のページが開きます。)

戦乙女ヴァルキリー2 第三話 「恥じらいの性懺悔」