【エロアニメ感想】集団レイプ&触手凌辱 対魔忍アサギ vol.04 闇に舞うくノ一

08月23,2020 更新
朧のご奉仕セックス


 Lilithの代表作である18禁ゲーム「対魔忍アサギ」のアニメ版の第4話のレビュー&感想です。

 他のアサギシリーズのエロアニメも別記事で紹介しています。

<対魔忍アサギ>
vol.01↓
【エロアニメ感想】巨乳美女を輪姦レイプ 対魔忍アサギ vol.01 逆襲の朧
vol.02↓
【エロアニメ感想】巨乳姉妹を輪姦調教レイプ 対魔忍アサギ vol.02 姦獄のアリーナ
vol.03↓
【エロアニメ感想】巨乳姉妹を輪姦調教 対魔忍アサギ vol.03 姉妹、相打つ!

<ユキカゼシリーズ>
第1話↓
【エロアニメ感想】褐色の微乳美少女を凌辱レイプ 対魔忍ユキカゼ1 ユキカゼ編
第2話↓
【エロアニメ感想】巨乳美女を凌辱レイプ 対魔忍ユキカゼ2 凜子、陥落
第3話↓
【エロアニメ感想】微乳少女・巨乳美女を調教、快楽堕ち 対魔忍ユキカゼ3 達郎、絶望



 登場人物は対魔忍の井河アサギ(いがわ アサギ)、アサギの妹・井河サクラ(いがわ サクラ)です。

 敵サイドは、魔改造されたアサギの婚約者・沢木恭介(さわき きょうすけ)、アサギの宿敵・朧(おぼろ)、黒幕のエドウィン・ブラックが登場します。


エロアニメ動画「対魔忍アサギ vol.04 闇に舞うくノ一」のレビュー


 第3話では集団レイプや触手に凌辱レイプされ尽くしたアサギとサクラ。第4話では朧がエドウィン・ブラックにお仕置きされるシーンが観れます。

 カオスアリーナでは性的な意味で大人気のアサギとサクラ、朧はその功績としてエドウィン・ブラックにセックスという形でお情けをねだります。

 バック、正常位、騎乗位で朧とSEXしながら上の空のエドウィン・ブラックは、「アサギを同胞として迎え入れたい」と言い始めます。そんな中でもアサギとサクラはオーク達に鼻フックを着けられながら集団で輪姦レイプされています。

 アナルとおマンコに同人挿入は当たり前、犯されている間も喉奥までチンポを咥えさせられてイラマチオ状態で凌辱され続けます。口内射精と顔射されまくりながら、子宮、直腸にも延々と中出しされます。

朧が緊縛拘束されてオークに集団レイプされる

朧、お仕置きの集団レイプ&中出し


 アサギを迎え入れることに反対した朧はエドウィン・ブラックにお仕置き代わりの集団レイプの刑になります。アサギやサクラと同様にオークの群れの中に緊縛拘束された状態で放り込まれ、穴という穴をオークの肉棒で犯されまくります。

 巨乳に小鬼がへばりついて乳首と乳房を刺激されながらレイプされ、中出し、顔射されてザーメンまみれにされる朧。更に普段顎で使っているオーク達に鞭を打たれる始末です。

 そのすぐ隣ではアサギとサクラもオークの集団に中出しレイプされ尽くしており、3人揃って乱交パーティー状態です。

アサギ、サクラ、朧を乱交輪姦レイプ

オークに集団レイプされながら触手に凌辱調教される


 オークの群れと交わりながら、床から生えてきた無数の触手もアサギ達の秘所に挿入されます。触手の先端からも丁寧に精液が放出される仕様で、アサギ達の顔や子宮の中に大量にスペルマが放出されます。

 特に朧に関してはアナルを触手に犯され、直腸を進んだ触手が口から出てくるというハードな責め苦を受けます。

 オークの集団と触手に延々と輪姦レイプされた3人はイキ狂い疲れ、舌を突き出しながら半分失神状態になります。

アサギ 恭介の触手に凌辱レイプされる

魔改造・恭介の触手でアサギを凌辱レイプ


 朧の企画でアサギとサクラがアリーナで闘わされます。中々勝負がつかない二人に業を煮やした朧はプロレスの如く外野から恭介を乱入させます。

 第3話の時点で完璧に魔改造されて触手まで生やしている恭介はアサギの体を触手で拘束し、凌辱レイプを始めます。

 恭介の無数の触手に強姦されてはしたない喘ぎ声をあげてイキ続けるアサギに、恭介がテレパシー的なアレでアサギに話しかけます。魔改造されてほぼ自我が残っていない恭介は最期の最期に伝言を残し、自分を殺すようにアサギを諭します。

 殺るならせめて自分の手で、ということでアサギは魔改造・恭介の野太い首をへし折ります。

朧を惨殺

アサギvs朧の決戦


 エドウィン・ブラックの計らいで朧と決闘することになったアサギ。アサギに私怨がある朧も願ったり叶ったりのチャンスということで本気の血統が始まります。

 結果はアサギの圧勝で朧は死亡。エドウィン・ブラックはひとしきり面白いものを見れたことで満足し、悪役の鑑のような伏線とセリフを残しながら日本を去ります。



 地獄のようなアリーナから解放されたアサギとサクラ、裏で色々動いていた長老をついでに始末しつつ、対魔忍として暗躍する姿を見せながら第1部終了です。

感想&まとめ


 アサギとサクラが相変わらず輪姦レイプされ尽くします。さらに朧も凌辱対象に加わり、オークの集団や触手に犯されまくる内容です。

 ただ戦闘シーンや次作への伏線などにより、エロシーンは第3話より短めです。

・朧のご奉仕SEX(約1分)
・アサギとサクラ、オークの群れに集団レイプされる(約3分)
・緊縛拘束された朧をオークの群れが輪姦レイプ(約3分)
・アサギ、サクラ、朧をオーク&触手が凌辱レイプ(約2分)
・アサギが恭介の触手に凌辱レイプされる(約3分)
(アニメ全体:約27分半)



 最後までアサギシリーズらしく凌辱、触手、輪姦レイプの連続です。

 巨乳、集団レイプ、輪姦、触手、調教といった属性が好きな方にお勧めです。

※DUGAでは本作品を扱っていないため、FANZA(旧DMM)の商品ページを紹介します。
(クリックすると FANZA(旧DMM) のページが開きます。)

対魔忍アサギ vol.04 闇に舞うくノ一